検索

~つるの機織り~レ・ブラン編。

ごきげんいかがですか?お鶴と申します。今日はわたくしが夜な夜な、丹精込めて織って

います様子をご紹介いたします。

機織りとは、縦糸と横糸というものが大事でして

織り方は機織り機を使うのですが、先ず縦糸を13本くらい作ります。

次に横糸を通して編んでいくのですが、これがなかなか難しくて横糸を通す時は木の棒に

毛糸を巻き付けたものを使って最初に張った縦糸に上、下交互に通しながら

編んでいきます。

木の棒を縦糸に交互に通すところがわたくし苦手でして・・・

「えっ?つるなのに機織り下手なの?」とか、どこからか聞こえた気がいたしますが苦手なつるもおりますゆえ・・・

肝心なのは心を込めて織ることだと、わたくしは思います。


このような感じでわたくし、あの方のために心を込めて今日も織るのでございます。



お鶴「この反物ができたらあの方は喜んでくれるでしょうか。」

  

  「(編んでいる音)シャッシャッ」


? 「お鶴、まだ寝ていない・・・体を壊さないといいんだが・・」

                         おしまい*

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示